脳内出血体験者が降圧剤の副作用を脱出する為の自力高血圧改善日記

脳内出血体験者が発病から長期にわたる降圧剤の使用により副作用がでてきました。調べれば調べるほど降圧剤の効用より副作用の恐ろしさがわかってきました。悩み苦しみながら医者に頼らず自力で高血圧を改善するしかないと決意し、自力高血圧改善に成功しました。

タイトル


 


高血圧改善のファーストステップは「自力高血圧改善を決意」すること

 

高血圧改善のファーストステップは、自力で高血圧を治そうと決意することです。

このブログの副タイトルにあるように高血圧は命にかかわる病気です。

高血圧をはじめとする生活習慣病を改善するには、病院に頼っていたのでは無理です。

読んで字のごとく生活習慣によって起こった病気ですから、

生活習慣を最もよくわかっている本人が主治医の気持ちで治療しなければなりません。

 

決意するにあたっては、高血圧のメカニズムや原因、

降圧剤の副作用に関する知識の習得が必要だと思います。

INで検索するのもいいのですが、以前にも紹介したことがある

「高血圧を薬で下げるな」この1冊で基礎知識の習得は十分だと思います。

余裕のある方は、「血圧心配症ですよ」も読んでいただければと思います。

 

  高血圧を薬で下げるな  著者 浜  六郎 医師
現在の高血圧基準はどのようにして決められたのか、基準は正しいのか

高血圧の原因・血圧のしくみ、降圧剤の種類・効用・副作用

降圧剤の危険な組合せ、降圧剤の減量・休薬のやり方などの内容が

データに基づいて専門的ですがわかりやすく書かれています。

特に降圧剤については副作用の恐ろしさがよくわかります。

  私が高血圧をやめようと決意した本です。  

            

血圧心配症ですよ  著者 松本 光正 医師
「高血圧を薬で下げるな」に比べると対話形式なのでとても読みやすくなっています。

病院で高血圧と診断されてからどのように対応すればいいのかがよくわかります。

高血圧の本質や血圧測定の正しい測定方法、薬に頼らない生き方を

精神論も交えて楽しく面白く書かれています。

読みやすいので忙しい方でもすぐに読めて役に立つ本だと思います。

降圧剤の服用に悩んでいる方には必読の一冊です。  

基礎知識が習得できたら、次は自分の高血圧の原因と思われるものを特定します。

        

高血圧の原因となるもの

  ❶肥満により血液を送る部分が増えた

  食生活の偏りにより血液の粘性が上がった

  ストレス過多のため脳に多くの血液が必要になった 

  動脈硬化により血管の断面積が小さくなった

  加齢による付着物のため血管の中が狭くなった

 

食生活を見直すことによって❷❸の原因は改善できる可能性が高いと思うので

自力高血圧改善はまず食生活の見直しをすることから始めます。