脳内出血体験者が降圧剤の副作用を脱出する為の自力高血圧改善日記

脳内出血体験者が発病から長期にわたる降圧剤の使用により副作用がでてきました。調べれば調べるほど降圧剤の効用より副作用の恐ろしさがわかってきました。悩み苦しみながら医者に頼らず自力で高血圧を改善するしかないと決意し、自力高血圧改善に成功しました。

タイトル


 


糖を断つことによって多くの難病に効果があります。私の自力高血圧改善にも効果があります。

 

糖尿病と同様に治りにくいといわれている高血圧にも断糖は効果を発揮します。

   f:id:syosakoi:20150311215057j:plain※断糖のすすめより抜粋しました。

 

▼断糖的視点から見たときの高血圧のメカニズム

高血圧も糖尿病と同じ原理なのです。

 

メカニズム①

糖の過剰摂取によって体脂肪が増えます

       ↓

その体脂肪が腎臓にある塩分の排泄機能を阻害します。

本来なら体内にあった塩分が尿から排泄されるのですが、

これがうまくいかなくなります。

       ↓

    高血圧となります。

 

メカニズム②

糖の過剰摂取で糖尿病と同じようにインスリン状態になります。

       ↓

インスリンの興奮作用によって交感神経が緊張状態となります。

       ↓

交感神経は、心臓の活動を活発にして血圧を上げるように働きます。

       ↓

インスリン状態が続けばおのずと血圧も高くなります。

 

このダブルの影響を受けて血圧は高くなります。

いずれにせ糖が原因であることは間違いありませんから、

断糖することが高血圧治療改善の対策なのです。

         f:id:syosakoi:20150312184004p:plain

痛風も断糖により改善します。

痛風の原因は、尿酸のもとになるプリン体です。

痛風になると「肉を我慢しなさい」「ビールは御法度」など

多くの食事制限が求められますが、本当に我慢すべきは糖質だけで十分です。

 

痛風の原因も高血圧と同じくメカニズムです。

糖の過剰摂取によって体脂肪が増えます

       ↓

プリン体は腎臓の排泄機能によって体外に排出されます。

その体脂肪が腎臓にあるプリン体の排泄機能を阻害します。

本来なら体内にあったプリン体が尿から排泄されるのですが、

これがうまくいかなくなります。

       ↓

    痛風となります。

 

断糖が、痛風における尿酸の排泄機能を正常にします。

 

※断糖のすすめより抜粋しました。