脳内出血体験者が降圧剤の副作用を脱出する為の自力高血圧改善日記

脳内出血体験者が発病から長期にわたる降圧剤の使用により副作用がでてきました。調べれば調べるほど降圧剤の効用より副作用の恐ろしさがわかってきました。悩み苦しみながら医者に頼らず自力で高血圧を改善するしかないと決意し、自力高血圧改善に成功しました。

タイトル


 


発酵食品はダイエットに効果があるのでしょうか

           f:id:syosakoi:20150225104237p:plain

素晴らしい効果をもつ発酵食品ですが、私の気になるBMI減少のためのダイエットにはどのような効果があるのでしょうか。

 

  • 発酵食品には脂肪の合成を抑え、脂肪を溜まりにくくさせる効果のある

          アミノ酸や、エネルギーの代謝に不可欠なビタミンB群が多く含まれています。

  •  ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は腸内環境を整え便秘を防ぎます。
  • 発酵食品を食べるとすぐに体重が落ちるということではありませんが、

   普段 の食事に積極的に取り入れてバランス良く継続的に食べることによって

   ダイエットを促進させる効果があるようです。

 

ここで気になるのが、市販の発酵食品にはいろいろな添加物が入っていることです。

特に漬け物では、添加物やら何かわからないような味がして、

野菜そのものの味が感じられないものが多々見受けれます。

こうした体験をされた方も多いのではないでしょうか。

本来長期保存が可能な発酵食品にそんなに添加物を加える必要があるのでしょうか。

 

全ての発酵食品を自家製でつくることはできないので、

まず試しに、糠漬けに挑戦してみることにしました。

幸い近くのJA直売所で、糠漬けが簡単にできるものが販売されていました。

f:id:syosakoi:20150225211802j:plain      f:id:syosakoi:20150225211910j:plain    f:id:syosakoi:20150225212036j:plain

 容器もそのまま使えるすぐれもののようです。                 

   

▼漬け物

漬け物は、野菜や果物、肉、魚を、塩・ぬか・味噌・醤油・お酢・香辛料などに漬け

て発酵させた植物性乳酸菌が豊富な保存食です。

その歴史は古く、 大和時代にはすでに

塩漬けによる食品の保存が行われたとされています。

それ以降もいろいろな漬け物が習慣化され、

各地の気候や風土、産物にあった漬物が家庭で作られていったのです。

 

 ▼漬け物の効果

漬け物は家庭で作ることのできる一番身近な発酵食品です。

ぬか漬けを作る際のぬか床は、精米するときに除かれる玄米の表皮・ぬ か層・胚芽

で、ビタミンB 群・Eの宝庫です。

昔は、お嫁入りに実家のぬか床をもってきていたとも言います。

ぬかの酵素と乳酸発酵により、素材にほどよい酸味と風味が生まれます。

 

生の野菜をそのまま漬け込むことで、ビタミンを壊すことなく摂取でき、

また、生野菜よりも量が減るのでたくさん摂取することができるようになります。

塩分に気になるので食べ過ぎは禁物ですが、

適量であれば気にすることはないと思います。

                              f:id:syosakoi:20150225104821j:plain

酵素玄米に続いて自家製漬け物も試してみます。

しかし、漬け物まで自分でつくるようになるとは思いもしませんでした。

自力高血圧改善やダイエットも「これでなければダメ」と考えられば、息苦しくなり

ますが、料理や漬け物など楽しんでできることを増やしていくことが、継続に繋がっ

ていくのだと思っています。