脳内出血体験者が降圧剤の副作用を脱出する為の自力高血圧改善日記

脳内出血体験者が発病から長期にわたる降圧剤の使用により副作用がでてきました。調べれば調べるほど降圧剤の効用より副作用の恐ろしさがわかってきました。悩み苦しみながら医者に頼らず自力で高血圧を改善するしかないと決意し、自力高血圧改善に成功しました。

タイトル


 


降圧剤減量・休薬のため自分でつける血圧日記です。

           f:id:syosakoi:20150209223646j:plain

降圧剤の服用中止決意してから血圧日記をつけ始めました。

 目的は自分の正しい血圧を知ること。

そして降圧剤を止める第一段階として減量、休薬するために

どのような方法がいいのか見つけるためです。

 

加えて自力高血圧改善のための食事内容、運動の実施内容、

その他気づいたことを記録することにより、

目に見える形にして継続していく気持ちを維持していくことです。

  

血圧は、朝・夜2回決まった時間に測定するようにします。

朝は、起きてしばらく経って計測します。

夜は、食事が終わってから落ち着いた状態で計測しています。

  

3度の食事内容、食事量(10段階で腹8分を標準にこころがけます)、

朝、夜のストレッチ実施状況、歩いた時間も記載します。

エクセルで記録していくと追加や修正が楽にできます。

          f:id:syosakoi:20150209223611j:plain

 

「お金いらずのダイエット」著者:松本光正医師

を読んでからはカロリー計算のシートを追加しました。

こうして記録していると付き合いで飲み会があった時には、

次の日の食事量を少なくしてカロリー増加を防止しようとする意識が発生します。

また、体重も合わせて記録しているので、

カロリーを減らすことと体重減少の関係がよくわかります。

 

これは、余分ですが単身赴任ですので、

支出金額のシートも作っています。

 

つまり 血圧 + カロリー・体重 + 収支 を一つのブックにしているのです。

最初はそれぞれ別々のブックで作っていたのですが、

一つにブックにした方が1回開くだけでいいので記録するのが楽です。

今までの生活習慣を改善するわけですから、一朝一夕にできるはずもありません。

こうして形に残すことで楽しみながら継続していくことができると考えました

注意する点も明確になります。(お酒を飲んだ時のカロリーの多さなど)

 

毎日少しずつ積み重ねていくことが大切だと思います。

その為に、血圧日記は必ず必要なアイテムとなってくれることでしょう。

          f:id:syosakoi:20150209223342j:plain