脳内出血体験者が降圧剤の副作用を脱出する為の自力高血圧改善日記

脳内出血体験者が発病から長期にわたる降圧剤の使用により副作用がでてきました。調べれば調べるほど降圧剤の効用より副作用の恐ろしさがわかってきました。悩み苦しみながら医者に頼らず自力で高血圧を改善するしかないと決意し、自力高血圧改善に成功しました。

タイトル


 


降圧剤は高血圧症の治療剤ではありません。

 

           f:id:syosakoi:20150203223154j:plain

 私が降圧剤を長期服用するようになった要因を昨日書きました。

その要因の中で、降圧剤を飲んで血圧が下がると

高血圧症が治っていくような錯覚にとらわれことを再度考えてみたいと思います。

  

降圧剤を高血圧症の治療剤だと

勘違いしている方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

降圧剤は高血圧症の治療剤ではありません。

いくら長期に服用したからといって、

高血圧症の治療には一切役立っていません。

高血圧は一切改善されていないのです。

ただ血圧を下げているだけなのです。

高血圧症の方、降圧剤を服用されている方、

これから服用しようと考えらえている方

このことをけっして忘れないでください。

 

もしかすると医師の中にも降圧剤を

治療剤だと思っておられる方がいるかもしれません。

 

高血圧症は、高血圧になる必要があるためになったのです。

  • 肥満により血液を送る部分が増えた
  • 肉類を食べ過ぎたために血液の粘性が上がった
  • ストレス過多のため脳に多くの血液が必要になった
  • 動脈硬化により血管の断面積が小さくなった
  • 加齢による付着物のため血管の中が狭くなった

上記のような理由により、栄養や免疫機能などを運ぶ血液を

従来どおり体のすみずみまで送ろうとして

心臓は勢いよく圧力を上げて血液を送りだすのです。

 

f:id:syosakoi:20150203223255p:plain

それを、降圧剤によって血圧だけを下げるわけですから

どのようなことが起きるか想像してみてください。

  • 栄養分や免疫機能が体のすみずみまで行きわたらなくなります。(癌)
  • 脳梗塞を発症する可能性が増します。                  (狭くなった血管を圧力を下げて粘性の高い血液を送れば血管の中で血液が詰ま るリスクが大きくなります) 

脳内出血を予防するための降圧剤で

逆に脳梗塞を発症したのでは本末転倒です。

 

高血圧症の治療を行うのであれば

上記の高血圧症の原因を取り除かなければ治りません。

 

それには、自分の独りよがりな考えだけでは限界があります。

高血圧症や降圧剤に対する正しい知識はもちろんのこと、

漢方薬サプリメントの力を借りることも必要になります。

 

自らの生活習慣を見直す以外に高血圧症の治療剤はありません。

 

最後にもう一度

降圧剤は高血圧症の治療剤ではありません。