脳内出血体験者が降圧剤の副作用を脱出する為の自力高血圧改善日記

脳内出血体験者が発病から長期にわたる降圧剤の使用により副作用がでてきました。調べれば調べるほど降圧剤の効用より副作用の恐ろしさがわかってきました。悩み苦しみながら医者に頼らず自力で高血圧を改善するしかないと決意し、自力高血圧改善に成功しました。

タイトル


 


高血圧の特徴その2は脳疾患・心臓疾患の合併症と友達です。

サイレント・キラーとも呼ばれる高血圧

普段は自覚症状が少ないだけに危険性を軽視しがちです。

なぜ高血圧が危険なのか

どのような症状を引き起こすのでしょうか

 

 

健康診断で指摘されたり、あるいは病院での血圧測定で

高血圧であることがわかっても、

これを放置しておくのは大変危険です。

 

▼何がよくないのか

厳密に言うならば高血圧であるだけでは、

さほど問題になりません。

しかし、高血圧が原因の動脈硬化を伴って

それが問題になるのです。

血圧が高い状態が長く続くと、その圧に耐えようとして

  • 血管の壁が厚くなる
  • 血管自体が硬くなる=動脈硬化

その結果、血管の断面積は当然狭くなります。

そして、さらに血液がとおりにくくなります。

結果として、

さらに血圧が上がってしまうという悪循環が始まるのです。

 

血圧が高くなると、常に血管に刺激が加わり

傷みやすくなるのが大きな問題です。

また心臓が高い圧力の血液を送りだすため

多くのエネルギーを必要とし心臓の負担が増えます。

動脈硬化は全身におこり血液の流れを悪くしますが、

特に多くの血液を必要とする臓器である脳や心臓に害を及ぼし

脳の血管や心臓に障害をもたらすことになります。

 

やがて脳卒中や心臓病などの病引き起こします。

高血圧の恐ろしさは、これらの高血圧合併症にあるのです。

重要な臓器の血管がダメージを受ければ

即、命にかかわる問題になります。

f:id:syosakoi:20150203233243j:plain